casa

一つ屋根の下に大きく開放的な空間が広がる柳瀬真澄氏設計の「casa basso」。

住む人にとって新鮮さを失わない家、愛着をもって住み続けてもらえることを目指した家がカーサプロジェクトより誕生しました。

住宅、医院、教育施設等、幅広い空間づくりに携わり、得意とする柳瀬真澄氏設計の「casa basso」です。
一つ屋根の下に実現させた、コンパクトでありながら最大限の豊かな広がりの住宅、「casa basso」とは一体どんな特徴を持つのでしょうか。

いつも家族の顔がみれる安心感が心地いい開放的なリビング・ダイニングキッチン。

 

08_2

 

コンセプトはいつまでも長く住み継がれる家。現代の住宅の寿命は30年以上と長く、その年月の中でまわりの環境や家族構成、生活スタイルも少しずつ変化します。「casa basso」は、すべての空間がワンフロアでつながる開放的な大空間です。

空間の広さも魅力ですが、ワンフロアで繋がっているので、そこに住む家族とのコミュニケーションの機会も自然と増えてゆきます。アイランド型のキッチンでは対話が生まれやすく、料理をしながらの家族団らんや、友人・親類を集めたホームパーティーなども楽しむことができます。

家の中と外とをつながりを楽しむ、全ての無駄を省いた広い室内空間。

 

04_2

 

平屋建ての「casa basso」は、家の外と中とのつながりを楽しめるように、室内は視野の広さを大切に設計しています。この広い空間はライフスタイルに合わせて仕切りながら使うことも可能です。キッチンの背面を有効活用して作られたデスクは家族みんなの共有スペースにも使用することができますし、書斎として、書棚として、お子様の勉強机としてなど、目的に合わせて使うことができます。

オプションでLDKと庭との間にデッキを設ければ、雨の日の過ごし方にもさらに広がりが生まれ、心豊かな暮らしを思い描くことができそうです。昔の日本家屋にみられる縁側のように、ここで遊んだり、お茶をすすったり、多様な使い方が考えられます。

シンプルモダンを極めた切妻型の家。深い軒のおかげで室内の暮らしも快適に。

 

11_1

 

「casa basso」は1m35cmの切妻型の屋根を採用しています。すべての部屋は広い開口とデッキを介して庭との一体感を楽しめます。深い軒は高い位置を通る夏場の強い日差しは遮り、低い位置を通る冬場の柔らかな日差しは、室内に熱を取り入れる役目を持つ優れた環境調節装置です。光熱費の削減にもつながり、家計にも優しい配慮がされています。

そんないいことずくめの「casa basso」。

平屋の家屋という古いようでいて新しいこの家は、住む人によって使用や表情をいかようにも替えれる、まさにコンセプト通りの〝長く住み継がれる家〟ではないでしょうか。

 

建築家:柳瀬 真澄 氏
プロフィール

福岡県生まれ。1977年福井大学建築学科卒業後、一級建築士事務所環境計 画入社。1984年柳瀬真澄建築設計工房設立。住宅、医院、教育施設等、幅広い空間づくりに携わる。1986年木造住宅優良事例コンクール・優良賞、1998年福岡県建築住宅文化賞・優秀賞、2002年INAXデザインコンテスト・銀賞、2009年第2回建築九州賞・JIA特別賞など受賞歴多数。九州産業大学建築学科で非常勤講師も務める。

casa basso

いつまでも長く住み継がれる家。

現代の住宅の寿命は30年以上と長く、その年月の中で

まわりの環境や家族構成、生活スタイルも少しずつ変化します。