casita

戸建賃貸による新しい賃貸のカタチ。casitaが選ばれる4つの理由。

「古くなったら建て替える」が主流だった今までの住宅とは違う

「数十年経っても資産価値が落ちない」を目指すのが長期優良住宅だ。

casitaは、賃貸住宅でありながら、この長期優良住宅の基準を満たす家作りを行っている。

長期優良住宅とは、一般的な住宅とはどこが違うのだろうか?

長期優良住宅・9つの認定基準

_13A6727

1 劣化対策~数世代にわたり、長く住むことが可能な家であること

2 耐震性~地震に強い家であること

3 維持管理・更新の容易性~メンテナンスが容易であること

4 省エネルギー性~省エネに配慮した家であること

5 居住環境~優良な住居水準を確保するために必要な基準規模を有すること

6 住戸面積~優良な景観の形成その他の地域における住居環境の維持及び向上に配慮されたものであること

7 維持保全計画~建設時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること

8 可変性~居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること

9 バリアフリー感~将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること

これらの基準を満たす住宅だけが「長期優良住宅」と認定される。かつて「安普請」などと言われていたような賃貸住宅ではありえない厳しい基準とも思われるが、casitaは賃貸住宅でありながら、この長期優良住宅仕様となっている。

 

長期優良住宅で得られる4つのメリット

casita_17

この基準を満たすのは一見大変そうだが、長い目で見ればメリットが多い。オーナー、あるいは借り手にとっての、長期優良住宅ならではのメリットは以下の4つだと言える。

「ランニングコストが安い!」

~気密性・断熱性に優れた住宅のため、冷暖房費などのランニングコストが安く。

「地震に強く、安心して永く住める」

~長期優良住宅は、震度6強の1.25倍の規模の地震にも耐える耐震性をもち、安心して住める。

「リフォーム費用が安い」

~可変性の高い、リフォームも視野に入れた設計なので、ライフスタイルの変化によるリフォームの際も費用を抑えられる。

「さまざまな税制優遇」

~一定の要件を満たせば、固定資産税や登記代が優遇され、税金面でも安心。、

これらのメリットによって、入居者が固定しやすく、空き家になる率が低く、不安を抱えることなく賃貸経営を続けていくことができる。オーナーにとってはそれが最大のメリットと言えるだろう。

 

駐車スペース付きも「安心して長く住める」ポイントに

_13A6741

また、casitaは、駐車スペース付き。

都心部では、大きな問題になりがちな駐車場探しの苦労や駐車場の高い賃料とも無縁だ。

住宅街の中の駐車場は、土地所有者の都合で急に退去を迫られることもあったりして不安要素となりやすい。

2台分の注射スペースのあるタイプもあり、所有する車の台数の変化にも対応できる。

駐車場ひとつとっても、「安心して長く住める」を実現しようとするcasitaの姿勢が感じられる。

 

 

長期優良住宅は、オーナーや居住者にとってのメリットが多いだけでなく、

住宅の寿命を延ばすことで老朽化した住宅の解体による環境への負荷を減らすという意味もある。

これからどんどん増えそうな、いや増えてほしい住宅だ。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。