買う人・借りる人・貸す人、すべての人に嬉しい戸建賃貸住宅「casita」のメリット2016.06.08Wed

「戸建賃貸住宅」にはさまざまなメリットがあるとは言っても、

そう簡単に始められるものではない、と思っている人が多いだろうが、そんな思い込みも吹き飛ばしてくれるがcasitaだ。

 

低く抑えられた初期費用が、賃貸経営のハードルを下げる

_13A6731

狭小地でも建てられる戸建賃貸住宅「casita」は、仮に土地取得から始めるとしても、土地代が安くすむ。さらに、デザイン性が高く高性能でありながら、カーサプロジェクトの組織力、キャリア豊かな工務店のネットワークを駆使して大幅なコストダウンを実現しているので、1棟あたりの工事価格は900万円台とかなり抑えられている。

これなら、かなり手軽に賃貸住宅経営にチャレンジすることができるのではないだろうか。

もちろん、建てたはいいが空き家になる期間が長い、入居者の入れ替わりが激しく募集費用がかさむ、などのリスクは避けたいもの。

casitaの場合は、需要が供給を上回っている「戸建賃貸」なので、入居希望者にはことかかない。また、デザイン性が高く高性能な住宅なので、ある程度高めの賃料で貸すことができる。そのうえ初期費用が低く抑えられているので、高い利回りを目指すことが可能なのだ。

 

共用部分の管理・修繕も不要!

_13A6706

さらに、戸建賃貸ならではのメリットとして、アパート、マンションにはつきものの共用部分の管理、修繕の必要がないこともあげられる。共用部分はどうしても傷みやすく、そのままにしておけば、入居者募集に悪影響も出てしまう。が、戸建であればその心配はない。

また、単身者の入居が多いアパートやワンルームマンションでは、賃料の滞納や短期間での退去など、不測の事態も起きやすい。その点、ファミリーでの入居が多い戸建賃貸は、身元のしっかりした借り手が多く、定着率も高い。貸し手にとっての安心感も高いのだ。

 

借り手にとってのメリット

_13A6705

保育園の建設さえ「子どもの声がうるさい」という住民の反対によって中止になるなど、子育て世代にとっては世知辛い世の中だ。マンションやアパートでは起こりがちな騒音問題は子どものいるファミリーにとっては頭の痛い問題だ。周囲に迷惑はかけられない、そういう思いが強くなれば、親自身が子どもに厳しくあたってしまうこともある。

それでは、「子育てを楽しむこと」も「子どもをのびのびと育てること」も、絵空事だ。せめて住宅が戸建てだったら、集合住宅に比べてかなりの障害が取り除ける。

集合住宅より、立地は不便だったとしても、賃料が少しばかりかさんだとしても、「賃貸でも戸建てに住みたい」と願う層は、このご時世減ることはないだろう。そして、戸建賃貸に一度住めば、その快適さ、開放感は借り手に大きな満足を与えることになり、転居せざるを得ない状況になったとしても、次も戸建てに住みたい、と思うに違いない。

 

「賃貸に住むならアパートかマンション」

それしか選択肢がないと思い込んでいた時代はもう終わりに近づいているのかもしれない。

「一度住んだらやめらない」ほどの快適さが戸建賃貸にはあるのだから。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。