casa

casa soleの壁紙は呼吸する。機能性と環境性を兼ね備えた「エッグウォール」

持続可能な家を目指すcasa soleは、

建材、部品、壁紙などすべてに高い品質を求めている。

それも、従来のものよりも、より高機能で、家にとってよいものを、と常に向上を目指している。

「卵の殻で作る壁紙」もそんな中から生まれた。

 

卵の殻で作った「呼吸する壁紙」が人と家を守る

ÉGÉbÉOÉEÉHÅ[Éã

casa soleに採用されている壁紙「エッグウォール」は、その名のとおり、卵(正確には卵の殻)を原材料としている。

卵の殻は、約94%が炭酸カルシウムでできており、殻の厚さは0.26~0.38㎜。その殻には、肉眼では見えないが、無数の小さな穴が開いている。この穴は気孔と言われるもので、卵1個につき7000~17000にもなり、この気孔によって、卵の中に酸素を取り込み、二酸化炭素を排出することができる。

この卵の呼吸する特性を生かして、作られたのが「エッグウォール」だ。

質感は、ちょうど塗壁のような感触で、施工時には天然の澱粉糊が推奨されているという。じつに「人にやさしい」壁紙なのだ。

 

脱臭機能もあり、ペットと暮らす家に最適

ÉoÉãÉRÉjÅ[áBÅiOPÅj

日本は、気候的にどうしても「多湿」になる時期が多い。

そのため、住む人が快適に過ごすためにも、家を長持ちさせるためにも、湿気対策は必須となる。建物自体の湿気対策が万全であれば、除湿器などで電気を消費することも最小限に抑えることができ、住宅を長持ちさせることも可能になる。

そこで、casa soleが採用したこの「エッグウォール」だが、この壁紙はいわば、壁紙自体に除湿機能を備えているといえる。梅雨から夏のもっとも湿気の多い時期は吸湿、乾燥しがちな冬場は放湿するという特性があり、居住空間の快適さを維持してくれるのだ。

さらに、「エッグウォール」は、脱臭効果も併せ持っている。これも気孔に由来するのだが、壁紙全体が消臭機能をもっているのだから、近年、急増しているペットの室内飼いにはうってつけといえるだろう。

 

産業廃棄物のリユースとしての意義

äOïtÉuÉâÉCÉìÉháCÅiOPÅj

また、卵の殻を原料にした補修用のチョークも用意されており、ペットがいる家ではありがちな、ちょっとした壁紙の破れの補修が、非常に簡単にできるのも、長く住み続けることを考えるとありがたい配慮だ。

卵の殻は、食品加工などの現場で大量に廃棄されている。いわばこの産業廃棄物を、壁紙という形でリユースすることは、環境にとってもやさしい有意義な取り組みだ。そして、そのことが住む人にとっての快適さを約束し、家を長持ちさせるとしたら、こんなにいいことはない。「エッグウォール」は、単なる湿気対策ではなく、casa soleが目指すサスティナブル住宅を実現するための重要なひとつのファクターなのだ。

 

人が心地良ければ、ほかはどうでもいい、という時代ではない。

環境にとってもいい、人にとってもいい。

それが両立できてこそ、よい住宅なのだ。

エッグウォールという壁紙は、そんなcasa sole の思想を象徴しているように思う。

 

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。