casa

物を見せない機能的な収納が特徴的!casa cubeに住んで片づけ上手に!

この先どんどん物が増えそうな女の子2人(侑奈ちゃん/10歳、千代奈ちゃん/3歳)と2匹の猫のいる福岡さんのお宅は、一見すると、「かたづけ魔」のママがいそうなくらい家の中がすっきりとかたづいている。しかし、実際は夫婦そろって「物を捨てられないかたづけ下手」なのだとか。そんな2人がすっきりライフを手に入れられた秘密を聞いてみた。

 

家族がほとんどの時間を一緒に過ごすリビングには極力物を置かない

fukuoka_01

「家族みんなが、1日のほとんどの時間をリビングかダイニングで過ごしています。」と言うのはご主人の亮二さん。

小学生の侑奈ちゃんが宿題をするのもダイニングテーブル。千代奈ちゃんはいつも猫のコネギとリビングで遊んでいる。奥さまの恭子さんは、そんな2人の姿を見ながらキッチンで料理している時間が本当に幸せなのだとか。

「私がキッチンに立っていると、パパも手伝ってくれますよ。」と恭子さん。子ども達のいるリビングやダイニングまで見通せるワンフロアだから、キッチンで過ごしていても一体感があり、孤独にならないので料理をしながらの夫婦の会話も増えたそうだ。

ちなみに「かたづけ下手」を自認する福岡さん夫婦の住むこの家のリビングには、物が少ない。だからこそ、「かたづけ下手」にはとても見えないすっきりした暮しぶりに見えるのだ。

 

子ども達の物はすべてここ! 広々した大型収納をフリースペースに

fukuoka_02

「かたづけは苦手ですが、シンプルで物が見えない部屋に対するあこがれはずっとありました。」という亮二さん。

casa cubeを建てることが決まってから、「機能的で効率のいい収納」を工務店に考えてもらったそうだ。外見はどの家も同じデザインのcasa cubeだが、間取りや収納などはオーナーの自由度が高く、それが福岡さん夫婦がcasa cubeを選んだ決め手にもなった。

工務店の提案を受けて、福岡さんが導入したのは、「見せない収納」だった。その象徴となる大型収納が2階にあった。

階段をのぼった目の前に子ども部屋があるが、子ども部屋にはあえて収納を設けていない。子ども達の収納スペースは、2階のフリースペースに備えられた大型収納になる。白い引き戸の奥には大きな収納棚があり、子ども達はそれぞれに自分の荷物をここに収納している。ここにすべての物が入るため、いちばん散らかりやすい子ども部屋も常にすっきりした状態をキープできている。収納スペースが大きいため、いざとなったらとりあえず放り込んでしまえば見えなくなる、というおおざっぱさが残されていることで、子ども達も「えいっ!」とかたづける気になるのだろう。

奥さまの希望で洗濯機置き場を2階に設けているので、洗濯を終えたらそのままバルコニーで干すことができ、取り込んだ洗濯物はすぐに子ども達それぞれの収納棚にしまうこともできる。これが1階のリビングを散らかさない秘訣だ。

 

「かたづけ下手夫婦」の強い味方! 広々ウォークインクローゼット

fukuoka_03

2階にある夫婦の寝室には部屋の3分の1を占める大きなウォークインクローゼットがある。これも、福岡さんの家をまるで「かたづけ上手さんの家」のように見せている所以だ。これだけ大きなクローゼットだと衣類に限らず、夫婦の物はすべてここに収納することができる。「物が捨てられない」と自認する2人だけに、徐々にこのクローゼットにも物があふれてはくるだろうが、それでも、クローゼットに物が収まっている限りは、部屋は広々すっきり! を維持することができるだろう。

ウォークインクローゼットのおかげで、ベッド以外はなにもない。ご夫婦のあこがれだったというシンプルな寝室には、casa cubeの特徴であるスリット窓が3か所もあり、室内に明るい陽射しが射し込み、空間をより広々と感じさせてくれる。

 

「洗濯は2階で完結!」で手間も省け、リビングが散らからない

fukuoka_04

寝室から出られるようになっているバルコニーは、恭子さんたっての希望で2階に設けた洗濯機置き場の横からも出入りできるようになっている。この2か所の出入り口が、洗濯物で部屋が散らかることを防ぐいい働きをしている。

恭子さんは洗濯機からすぐ隣のバルコニーに移動すれば洗濯物を干すことができ、取り込んだ洗濯物はそのまま寝室や子ども達の収納スペースに運ぶことができる。この動線なら、忙しい主婦がついやってしまいがちな、取り込んだ洗濯物をベッドの上やリビングのソファに置きっぱなし、という事態はほぼ避けられる。

また、このバルコニーに面しては大きな窓も設けられていて、吹き抜けになっている1階のリビングへの降り注ぐ光を取り込む役目も果たしている。

 

「かたづけなさい!」から解放されて子ども達ものびのび!

fukuoka_05

子どもが2人いても、猫が2匹いても、シンプルにすっきりと暮らせる家を手に入れた福岡家では、「かたづけなさーい!」と子ども達に言うことが激減した。なにか出しっぱなしのものがあったとしてもさっとかたづけられるので、いらいらすることもないし、そもそも子ども達も自分のスペースに物をしまうことを楽しめるようになっている。

家の階段にも、転落防止のアクリル板を設置しているので、子ども達に「危ない! 気をつけて」と口うるさく言う必要もない。

 

 

「かたづけ下手夫婦」でも、動線や収納を工夫することで、すっきりシンプルな暮らしを手に入れられる。福岡さん夫婦にとっては、casa cubeとの出会いが、人生を変えたと言えるだろう。

そして、子ども達も猫たちも、この家でならのびのびと、それでいて自律的に育つに違いない。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家